永野芽郁が可愛い!朝ドラ主演で注目か!?年齢やプロフィールも!

こんにちは、コミュ障ライダーです!

ご無沙汰の更新となってしまいました!

今日はいま大躍進の女優・永野芽郁さんをクローズアップ!

4月からスタートのNHK連続テレビ小説「半分、青い」でヒロイン役を演じると話題沸騰の永野芽郁さん。

そんな永野芽郁さんにまつわる話題を早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

プロフィール

生年月日 1999年9月24日(18歳)

出身地 東京都

身長 163 cm

血液型 AB型

活動期間 2009年 –

事務所 スターダストプロモーション

来歴

小学3年生の時に、吉祥寺サンロードで買い物していたところをスカウトされ、芸能界入り。

僕は小学3年生で吉祥寺なんて縁もゆかりもありませんでしたよ…

2009年に映画「ハード・リベンジ ミリー ブラッディバトル」で子役としてデビュー!

それからはティーン向けファッション誌「ニコ☆プチ」、「nicola」でレギュラーモデルとして長きに渡り活躍。

2015年には、オーディションを勝ち抜き「俺物語!!」のヒロイン役に抜擢!

2016年には、comicoの人気作「こえ恋」の実写ドラマでヒロイン・吉岡ゆい子役を演じる!

これがドラマ初主演。

他にもたくさんの作品に出演され、大活躍間違いなしの永野芽郁さん。

2018年4月からは、冒頭で触れた連続テレビ小説「半分、青い」のヒロイン役で出演。

この作品については後ほど詳しく見ていきましょう!

とにかく可愛い!

ドラマ・映画にCMとまさに見ない日はないほど活躍している永野芽郁さん。

やはり注目すべきはその可愛さ!

 

 

透明感溢れる素敵な1枚ですね〜!

それでは続いて、来月スタートのドラマ情報!

朝ドラ「半分、青い」

岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまで、およそ半世紀の物語を紡ぎだしていきます。

大阪万博の翌年、1971(昭和46)年。

岐阜県東部の架空の町・東美濃市梟(ふくろう)町の小さな食堂に、鈴愛(すずめ)という女の子が生まれた。

毎日野山を駆け回る元気な子だったが、小学生のとき、病気で片耳を失聴してしまう。

そんな彼女を励ましたのは、わが子を愛してやまない両親と、同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみだった…。

半期にわたって放送される朝ドラ、注目が集まりそうですね!

スポンサーリンク

まとめ

永野芽郁さんがオールマイティに大活躍!

朝ドラの演技にも期待がかかりますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA